読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シン・ゴジラ感想ゴジラ強すぎと自衛隊が格好いいリアル映画でした(ネタバレ含む)

シン・ゴジラを見てきました

ツイッターで流れてくる情報では最近の映画にしては絶賛や賞賛の声が多く、

友人が2回見に行っていたりと身の回りでも人気と好評がうかがえました。

ゴジラ自体はなんとなく知っていたし、モスラだったりキングギドラなど他の怪獣もいたりした記憶もうっすらありましたがとりあえず再確認に見てみるかという感じで見に行きました。

f:id:kurihazime:20160806014057j:image

シン・ゴジラはどんな映画なのか

一言で言うともし、今ゴジラが現れたらという映画である。

ゴジラの出現と被害に対し、ゴテゴテに周り手間が多くイライラする国の対応の悪さなど、

実際はこんな感じなのかと思う政治の現場のシーンは内側を見た気になれて新鮮でした。

特に自衛隊協力のシーンが一番多くて迫力があり、もう自衛隊がない日本が考えられなくなるような映画だった。

それくらい自衛隊の魅力や迫力が描かれており、震災の救助活動から国防までこなす何でも屋のような微妙な位置づけであったが、まさに日本国民の生活を守り助けてくれるヒーローのような存在なのではないかと改めて思った。

確かに軍事力との批判や軍事費だったり日米安保だったり米軍など様々な問題はあるものの、自衛隊の存在はこれからも必要でありますます必要とされるのではないかと映画を見て改めて考えさせられました。

登場シーンから災害の津波や原子力の問題など今の日本が抱える問題が一気にゴジラという存在で押し寄せたようで、それに我々がどのように対処すべきかまたは国がどう対処すべきか考えた結果がこの映画であり、人間の災害に対する無力さや立ち向かう勇気や必要さを感じさせられます。

久しぶりに映画というものを見て引き込まれました。

一度見てみる価値は十分あります。見て自衛隊のかっこよさや日本について少し考えて見るきっかけにどうでしょうか。

音楽は監督が庵野さんということでエヴァンゲリヲンの曲が使われています。

そこそこ作戦や表記とマッチしてて良かったです。

やっぱ監督に色が出るんですね。