読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車のエンジンの異変を感じたが放置していたら乗れなくなりました

先月ぐらいから車のエンジンのかかりが悪くなりました

夏でエアコンをガンガン目に使っていたため、バッテリーのせいかなと最近は控えめにしたりキーを回す時に勢いをつけることで対応していました。

ですが今日帰ってきて再びエンジンをかけようとしたら・・・

かからない・・・

バッテリーが上がったことを疑いましたが、表示的に良好で他の車と繋いでエンジンをかけてみてもかかりません。

キーを回した時にキュルキュルと音は少しするのものの普段のようなガガガといったかける音が弱々しいどころかもはや感じられないほどになっていました。

しかも急にです。

もう7年以上乗っていますが、こんなことは初めてです。

しかし年数が経ってくるとこのような異常は起こりやすくなるみたいですね。

ちょっとした異変を放置しておくと大変なことになる

普段あまり使わないものならどうにかなりますが、特に車など毎日使う必需品はいざというときに使えないと大変なことになります。

車検に出したから大丈夫といって安心して、普段気づいた異変を放置しておくと今回のような大事に至ってからではどうしようもありません。

ディーラーに対応してもらうことになりましたが、代車の手配や引き取りのスケジュールが遅れていてまだ未定です。

大切なものや重要なものは異変や異常を感じたら放置せずにチェックしましょう。

手遅れになる前に!

明日は電車とバスを使うために普段より早起きすることになりそうです。

 

追記

故障の原因はやはりセルでした。

修理代で6万円くらいかかるそうです。

エアバックのリコールもあったのでタイミング的には悪くありませんでしたが、

気をつけていきたいですね。