読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の強みをストレングスファインダーで探してみよう〜さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす〜

自分の強みを知っていますか?

自分のことがよくわからなくなってくると自分ってなんなんだろうと疑問に思って自己分析や性格診断をしてみたくなるかと思います。

 中古だと診断テストが受けられない可能性が高いので注意!

 

最近流行りなのかこの本の話を会社説明会でされて驚きました。

確かにベストセラーらしく本屋さんでも見かけたので会社として取り組んでいらっしゃる企業もあるのでしょう。

その人は長年営業をやってこられて自身も営業が好きで、診断結果にも営業向きである診断結果が出ていました。

ということで自分も実際に買ってやってみましたよ。

ストレングスファインダーの始め方

  1. 新品の本を購入
  2. 第3章まで読み進める
  3. 本の最後についている綴込みからに記載されている Clifton StrengthsFinder にアクセス(英語のページが出てきたら下のほうにある日本語をクリック)
  4. 新規ユーザーとして登録するにはここをクリックをクリック
  5. アクセスコードを入力し登録をして選択により強みを診断

以上の手順でできます。

自分の強みは何か

就活の自己PRかよ!って思いましたがそんなことはなく性格診断のようなものです。

診断結果により34に分類される強みのうち5つが自分の強みとして順番に現れます。

僕の場合このような結果になりました。

 f:id:kurihazime:20160703110855p:image

 回復志向?ナニソレ?

と思ったら診断結果の先に進むと説明が出てきました。

あなたは問題を解決することが大好きです。さらなる困難に遭遇するとうろたえる人もいますが、あなたはそれによって力を与えられます。あなたは症状を分析し、何が悪いのかを突き止め、解決策を見い出すという挑戦を楽しみます。あなたは現実的な問題を好むかもしれないし、抽象的な問題、あるいは個人的な問題を好むかもしれません。あなたはこれまでに何度もぶつかって、解決できる自信がある分野の問題を探し求めるかもしれません。あるいは、複雑で馴染みのない問題に直面したとき、あなたは最もやり甲斐を感じるかもしれません。あなたが実際に何を好むかは、あなたの他の資質や経験によって決まるでしょう。しかし確実に言えることは、あなたは物事に再び生命を与えることを楽しんでいるということです。底に潜む要因を明らかにし、その要因を根絶し、物事を本来あるべき輝かしさへ回復することを素晴らしいと感じるのです。もしあなたの介入がなかったら、たとえばこの機械は、この技術は、この人物は、この会社は、機能を停止してしまった可能性があると本能的に分かっています。あなたがそれを直したのです。それを蘇生させ、活気を取り戻させたのです。あるいは、あなたらしい表現で言えば、あなたはそれを救ったのです。

なんだか英訳そのままみたいで分かりづらいですが、問題解決が好きらしいですね。

5つ全部説明が出てきますが、本にも同じ内容が書いてありました。 

ちなみに本を読み進めたところ医者に多いみたいです。

第6章の 強みを活用する では自分の強みや他人の強みの活かし方が分かります。

僕の場合回復志向が一番なのでそれを例にすると

問題解決の観察力や洞察力を活かすことや、自身が何を改善したいかを尋ねそれを目標とすることなどが書いてありました。

つまり僕の場合、観察力や洞察力を活かすことや自分が何を改善したいかを自分でまたは他人に聞いてもらいそれを目標とすることが自分の強みを活かすことになります。

1つだけでなく5つ全部を強みをそれぞれ知り、活用方法を知ることでより強力な自分の強みが活かせることでしょう。

ストレングスファインダーでできることまとめ

  • 自分の強みがわかる
  • どのような場面でその強みが活かせるかわかる
  • 企業における強みを活かした方法を知れる

となりました。特に自分の強みを知り、どのような場面や方法で活かせるのかが参考になること間違いないでしょう。

ちなみに2回目や3回目を試してもあまり意味がないようです。

あくまでも最初にやってみた結果で自分の強みを知り、それを今後の仕事や生活に活かすことでさらなる進歩が期待出来るようです。

何度も読み返して自分がどうすればいいのか頭に叩き込んでいきます。

ぜひお試しください。

中古本はコードが使用されている可能性があるので新品を購入しましょう。