読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

栃木・茨城の局地的大雨や河川氾濫による被害と居住地リスクについて考えた

地元が大雨により多くの被害を受けました

ある友人の車は廃車にまたはタイヤやシーツまで浸水し

家の一階部分が浸水して家具やほとんどすべてのものがダメになってしましました。

 

私自身は何ら被害はなかったのですが知人友人が被害を受けると実際に体験した人にしかわからないことがたくさんあるのだと思います。

 

空き巣が起きていたりと東日本大震災と似たようなことも起きているので多くの人が教訓を生かして行動して支援なりをしていけたらなと思い自分も行動しています。

 

今回のような予想以上または予想外の事態はあらかじめ想定することは難しいですが、

やはり長年の住居や環境を失うリスクまでを考えると

河川の近く・海の近く・山の近くまたは斜面付近など

災害が発生する可能性があり得るところに住むのは一定のリスクが常に存在していると考えさせられた次第です。