読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初!いきなりステーキでワイルドステーキを食べてみた食レポ

 f:id:kurihazime:20170320175244j:image

 

いきなりステーキで人気メニューを食べてみました!

味やボリュームも良く肉をガッツリ食べたい人に本当にぴったりなお店です。

最初なので一番安いメニューをシンプルに注文しましたが期待以上で他のお肉のメニューの期待感も高まり次は奮発してもっと高いお肉を頼んでみようかなというくらいでした。

 

いきなりステーキとは?

 

もともとは立ち食いスタイルでしたが、店舗によっては座るスペースがあったり今回行った越谷レイクタウン店はフードコートの一角なので立ち食いスペースも座って食べるスペースもあって自分の好みで食べることができます。

注文はグラム単位で200gからとなっていて200gは物足りないかもしれませんが、250~300gくらい注文すれば満足できるくらいです。ライスや付け合わせは基本的に別料金で注文となっており、コーンや玉ねぎがお肉単品でもついてきます。単品で注文しても十分満足できるでしょう。

 

いきなりステーキで食べた初めてで最初に頼むべきお肉

 

 f:id:kurihazime:20170320175301j:image

 

どのお肉にしようか迷ったのですが、ワイルドステーキという名前の一番安いお肉にしました。本当はハンバーグが一番安いのですが、ステーキの中ではワイルドステーキが一番安いです。

ワイルドステーキにした理由は一番安いものが美味しければそのお店の他のもっと値段の高いメニューがさらに美味しいのではないかと云う理由と、単純に一番安いメニューでどのくらいの満足度が得られるのか知りたかったためです。

ワイルドステーキは基本的にランチタイムOPEN~15時のみの提供ですが、越谷レイクタウン店では15時以降のディナータイムでも食べることができました。

ちなみにランチメニューのワイルドステーキやワイルドハンバーグにはライスとサラダとスープが付いてきます。

 

 正直他のメニューでガッツリ肉を食べようとするとグラム単位で6.5円のリブロースからグラム9円のヒレステーキや10円の国産リブロースなど、どのお肉も200gからの提供になるので最低でも200gでだいたい1500円以上のお値段になります

店舗によっては黒毛和牛などさらに高級なお肉が食べられます。

 

しかし、ワイルドステーキならば300gで1350円(税抜)=1500円程度とかなりのボリュームで値段も抑えつつガッツリ食べることができました。

最初に税抜き表示をよく見てなくて消費税を入れたらちょっと高いなーとなってしまったので注意が必要ですね(笑)

 

いきなりステーキのワイルドステーキを食べてみた味などの感想

 

 f:id:kurihazime:20170320175318j:image

 

ワイルドステーキをはいきなりステーキの中でワイルドハンバーグの次に安いお肉なので正直脂っぽかったり味が安いスーパーくらい微妙なものを覚悟に注文しましたがそんなことはなく、固すぎず柔らかすぎずお肉を食している感満載の肉肉しい美味しい味で黙々と食べてしまいました。

 

焼き加減は表面が焼けているレアなくらいで鉄板がとても熱く脂やタレが飛び跳ねるくらいなので注意が必要です。スマホ画面に脂が跳ねて少し苦労しました。

鉄板がしばらく熱いため好みの焼き加減にすることもでき、肉のそのままの味を楽しみたいならそのままレアで!レアが苦手な方は鉄板で熱して好みの焼き加減に調節して食べることができます。

 

もちろんステーキなので脂身の多い部分や噛み応えのある部分だったりもありますが、全体的に食べやすさに問題はなく、女性であまり脂身を好まない人や純粋な柔らかいお肉を食べたい人にはワイルドステーキは適さないかもしれません。

僕自身は旨味があり分厚く肉肉しく最後まで飽きることなく食べ進められたので大変満足することができました。300gの単品でもそれなりの満足感が得られます。

また、塩コショウや甘口と辛口のタレもあり、味を変えて食べることができます。

 

 また食べたら食べただけお得になる肉マイレージカードなるものもあり、リピートしたいと思ったらお得になりますね。

 

 

越谷の限定うさまるカフェでうさまるに会える食べる買える感想レビュー

遊び

f:id:kurihazime:20170316221050j:image

 

越谷レイクタウンにできた「うさまるカフェ」に行ってきました。

場所が分からず迷ったので場所も詳細に書いておきます。

期間限定オープンでうさまるカフェでしか買えないものやロフトなどでも見かけないグッズなどもあるので行ってみる価値があります。

他のうさまるカフェは予約制だったりうさまるカフェで注文しないとグッズが買えなかったりするのですがこちらはグッズのみ買い物可能なのでその分グッズを買ったりできますね。

 

越谷レイクタウンのうさまるカフェの場所

 

場所が分かりずらかったので迷いましたので次にレイクタウンから行く人のために分かりやすく書いておきます。

地図等の表記だとレイクタウンkazeの1階の駅の方みたいな感じに書いてありますが、うさまるカフェの場所は越谷駅の目の前すぐ近くなのでレイクタウンkaze2階の連絡通路から駅に向かって降りて越谷駅の反対側のペットショップの隣にうさまるカフェがあります。

場所が分からずに20分くらいどこだろーを繰り返し調べたが出てこないのでなかなかの重要情報です。

 

f:id:kurihazime:20170316221126j:image

 

レイクタウン期間限定オープンのうさまるカフェについて

 

うさまるカフェ内には持ち帰りの「太った?肉まん」や様々なフードメニューやドリンクメニューがあります。

ただキャラクターカフェ定番の夢の国価格なのでお気をつけください。

普通に食事をしたら1000円はするお値段でドリンクでもうさまるココアが780円となかなかのお値段です。

お腹が空いてなかったのとグッズを買いたかったので食事は見送りました。

しかしランチョンマットやコースターがもらえるのでそちらを目当てに注文してもいいかもしれません。

 

店の入り口にはうさまるカフェ限定のグッズを含むうさまるグッズなどやうさまるのアニメが流れていたり、店内をちょっと見るだけとかグッズを買うだけでもいいので入りやすく助かりました。

うさまるカフェ限定のグッズだったりあまり見かけないものもあってファンにはたまりません。

 

f:id:kurihazime:20170316221223j:image

 

店内はうさまるの壁紙があってうさまる尽くしです。

 

f:id:kurihazime:20170316221248j:image

 

 フードメニューはこちらのようでテイクアウトのふとった?肉まんが一番安く他のメニューもうさまる感があるもので写真を撮ってワイワイできそうです。

 

 自分は結局うさまるカフェ限定のジャガードハンドタオルを買いました!

お値段1000円ですが満足です。レイクタウンに来た際に少し立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

平日ならかなり空いていたのでゆったり見たりできます。

 

SAITAMA INFORMATION - うさまるカフェ

「うさまるカフェ」 第2弾 福岡と埼玉での開催が決定!!

福岡開催期間:2月17日(金)~3月5日(日)
埼玉開催期間:3月3日(金)~4月4日(火)

LINE Creators Marketで誕生した人気スタンプ「うさまる」の「うさまるカフェ」が、東京・大阪の開催に加え、地方での開催を望む多くのお声を頂き、この度福岡と埼玉(越谷レイクタウン)でも期間限定で開催することとなりました。
うさまるカフェでは、ここでしか買えないかわいいグッズや、うさまるたちのかわいい世界観を演出したオリジナルのフードメニューがお楽しみいただけます。
「うさまるカフェ」は事前予約制となっております。お席に限りがあるため事前にご予約をお願いいたします。

※現在、東京・大阪の事前予約を受付中。福岡の予約開始は2月8日(水)18:00開始予定です。
※埼玉会場(越谷レイクタウン)では事前予約は実施いたしません。そのため、予約特典のエコバッグのお渡しもございません。予めご了承ください。

 

ブレーキランプ切れをオートバックスで修理してもらった値段とやり方

生活

f:id:kurihazime:20170311195821p:image 

 

車のブレーキランプが点かなくなったらどうすればいいのか

 

車のブレーキランプが片方点かなくなっていました。

友人と会って車で帰るところにラインとともに写真が送られてきて、何だろうと思っていたら自分の車の画像が送られてきて見事にブレーキランプが片方切れていました。

 

このまま放置しておくと、警察に注意程度で済めばいいのですが両方切れた場合は間違いなく整備不良で切符を切られ7000円くらい取られますし、何より危険です。

 

10年近く乗っている車なのでどうやら寿命のようです。車に詳しい友人に聞いたり、いろいろ調べた結果自分で買ってきて交換するのが一番安いみたいなのですが、車にそこまで興味がなく修理を頼む値段もそこまで高くないという情報もあったのでオートバックスで修理をしてもらうことにしました。

 

実際仕方ないかなというかかなり安いお値段で済みました。

車や状況によって値段も異なるので注意してください。

 

オートバックスに行ってブレーキランプを修理してもらうことに 

 

オートバックスに行き後ろのブレーキランプ片方切れちゃったみたいなんですが、と近くの店員さんに相談すると『バルブの交換ですね』と言われ???と何の話だ?自分の言い方が間違って話が伝わっていないのか?と思い他の店員さんにも聞いてレジに行くよう言われたのでレジに行きました。

 

ちなみに後で調べたところバルブ(bulb)とは電球の意味らしいですね。英語ができないわけではないのですが恥ずかしいことに知りませんでした・・・

 

オートバックスの会員カードがあれば手続きがスムーズらしいのですが、生憎忘れてしまったので電話番号でも対応可能で助かりました。

 

車種の確認をして車を言われた番号のピット?に移動して待つ事20分。

自分より前に待っていた人が多かったため待つ事になりましたが、それほど時間がかかる作業でもないのでそこまで待つ事はないかもしれません。

 

 

オートバックスでのブレーキランプ交換の気になるお値段

 

無事ブレーキランプの修理が終わり確認を済ますとレジにての清算となります。

 

事前の情報と最初のスタッフに訊いたところ片方のブレーキランプ交換なので740円程度らしいとの事ですが、実際にやってもらって話が違う可能性もない事もないのでドキドキしながらお会計をすると

ぴったり740円でした!

 

流石店員さんですね。

自分で交換した場合部品自体が200円とかかなり安いのでできる方は自分でやってしまってもいいのかもしれません。ただ単なるブレーキランプ切れでない場合などを考えると工賃がたったの540円で済んでしまって740円は手間と時間を考えれば妥当なので頼んでしまった方がいいと思います。

 

自分で修理したい方はこちらが参考になります。

車のブレーキランプは自分で交換する。車にかけるお金も節約 | 暮らしの視点

 

 

これでおしまいと思いきや車が10万キロの走行距離を超えていることに気付き、そのことを親に告げると「タイミングベルトは交換したか?」と聞かれました。

タイミングベルトとは?ということで次回はタイミングベルトの交換についてです。

道頓堀で粉もの全部食べられるくれおーるが美味しすぎた

旅行

f:id:kurihazime:20170309233530j:image

 

大阪と言ったら道頓堀で食倒れで粉ものたくさん食べるぞー!と言う方にうってつけの記事です。

 

大阪で有名な食の観光スポット道頓堀へ行ってとても美味しかったお店なのでご紹介します。

 他にもUSJへ行ってきましたのでそちらも後でアップします。

 

大阪といったら粉もの!お好み焼きたこ焼き!

 

東京より夜行バスで揺られること9時間程度で大阪の梅田へ朝の7時に到着し、路頭に迷いました。その後喫茶店などで休憩し荷物を駅のロッカーへ預けてユニバーサルスタジオジャパンことUSJへ!その後大阪駅へ戻り難波駅へ行き歩いて道頓堀へ行きました。

 

食べ物屋さんが多すぎて迷う道頓堀

 

さすが食倒れのお店が立ち並ぶ道頓堀です。歩いても歩いてもお店があります。たこ焼きはそこらじゅうで売ってるし買い食いの食べ歩きもいいですね。

しかし!今回は粉ものをいろいろ歩いて探すのも時間的にも労力的にも厳しかったので全部食べられるところはないかと探したらくれおーるというお店がヒット。

レビューの評価も良く行ってみましたが期待通り。いや、期待以上でした!

 

たこ焼き・お好み焼きと粉もの全部食べられるくれおーる

 

黄色い看板が目印です。

難波駅方面から飲食店の通りを少し歩いたところにあります。その前にもカニやらいろいろ誘惑はたくさんありますが我慢して行きましょう(笑)

 

注文したのはたこ焼きの3種のやつと豚のお好み焼きとオムそばや豚チャンジャ。

お酒はビールや焼酎の頂きました。

 

たこ焼き(洋)はとろっとろでもうふんわりパクリとすぐ食べてしまいました。

味も2種類の3種盛りから選べます。

 f:id:kurihazime:20170309233832j:image

 

お好み焼きもふわふわでやはり本場は生地というか食感から美味しいなーと思いました。

 

f:id:kurihazime:20170309233952j:image

 

串カツもあってもちろん美味しかった!

ナス・豚肉・エビ・レンコンなど6種です。揚げたてをソースをかけてサクッとした食感と衣の甘さが絶妙な食感と共にペロリと食べちゃいました。

 f:id:kurihazime:20170309234050j:image

 

そして一番美味しかったのがなんとオムそば!お好み焼きやさんなどでもあまり見かけないメニューなので気になって注文してみたところ大当たり!

 f:id:kurihazime:20170309234041j:image

 

オムの中に入っている焼きそばや豚肉が油と合わさってジューシーというか病み付きです!包んでいる卵も絶妙なマイルドさを加えてとても美味で2〜3個なら普通に食べられるのでは?と思うくらいの美味しさでした。また是非食べたい一品です。

皆さんも是非大阪の道頓堀へ行った際にはくれおーるで粉ものを美味しく楽しんでみてください。

 

気になるお会計ですが、2人で十分食べて飲んで6510円と大満足のお値段です。

内訳(税抜き)は

  • 生ビール大 800円
  • たこ焼きの3種盛り(洋) 980円
  • 呉春 550円
  • 豚ちゃんじゃ 300円
  • 豚オムそば 1080円
  • シャンディーガフ 500円
  • 角コーク 450円

で税込で6510円です。

 

お酒を除けば一人あたり2000円くらいあれば十分食べて満足できるお値段です。

お酒も生ビール大は500mlくらいあったのでその一杯でも十分でした(笑)